ゲーム開発を始めるならこんなPCを買おう!インディゲーム制作者がオススメする、PCを選ぶ際のポイントを紹介

ゲーム開発

はじめに

ここでは、ゲーム制作、ゲーム開発に適したパソコンの選び方を、現在個人でゲーム開発をしている、とらんぽがご紹介します。

あくまでひとつの情報として、あなたのパソコン選びの参考にしていただければ幸いです。

OSは何にする?

OSと言っても結構ありますよね。
WindowsにMacに、Linux、ChromeOS…。

もしあなたが、パソコンで動作するゲームを開発したいと思っている場合、「そのプレイヤーのパソコンと同じOSのパソコンで開発をする。」ことをおすすめします。

この際、ゲームをしたいのに、わざわざLinuxとChromeOSを買ってゲームをしたい方は少ないと思いますので、ここでは扱いません。

さて、問題はWindowsか、Macなのかですが

先ほどお伝えした、「 そのプレイヤーのパソコンと同じOSのパソコンで開発をする。 」です。

ゲームリリースにはテストプレイが欠かせません。

Macで作ったゲームを、「Windowsを使っている人に遊んでもらいたい!」と思った場合、Windowsでちゃんと動くかどうか、実際にWindowsでゲームを動かして確認したいですよね?

WindowsのPCで遊んでほしかったら、WindowsのPCを買って開発し、テストする。
MacのPCで遊んでほしかったら、MacのPCを買って開発し、テストする。

遊んでほしいプレイヤーを想像して、そのパソコンと同じOSのパソコンを買いましょう。

理想を言えば、両方でプレイしてほしい場合は、両方買いましょう。
しかし、それは金銭的に厳しい場合があります。
これからプログラミングを学ぶという段階では、どちらかに絞りましょう。
ゲームプログラミングを学ぶのでしたら、Windowsを強くお勧めします。

あなたが作ったゲームを遊ぶプレイヤーを想像してみてください。
その人が持っているパソコンはMacでしょうか?それともGTXやRTXといったグラボを搭載している、Windowsのゲーミングパソコンでしょうか。

Android、iPhoneで動作するゲームを開発したい場合は、また話が違ってくるので、以下で詳しくお話します。

Macを選ぶ場合

iPhoneで動作するゲーム、Macのパソコンで動作するゲームを作りたい、という場合はMacを選びましょう。

Android向けアプリのゲームを開発したい場合もOKです。
AndroidアプリはMacでもWindowsでも開発できます。

Macのパソコンの選び方については、申し訳ありませんが管轄外ですので、この記事では扱いません。

Windowsを選ぶ場合

Steamや、EpicGamesで、Windows用ゲームの販売を目標にしているのなら、Windowsを選びましょう。

ちなみに、Andorid向けアプリのゲームを開発したい場合、Windowsでも開発できます。

以降は、WindowsのPCの選び方をご紹介します。

注目すべき点

新品のWindowsパソコンを購入するのであれば、注目すべきは以下の4点です

  • CPU
  • メインメモリ
  • GPU(グラフィックボード)
  • SSD

結論を先に申し上げますと

ゲームを作りたいなら、ゲームができるパソコン買いましょう。」です。

ゲーミングパソコンが理想的です。

それでは、それぞれのパーツを選ぶ基準について紹介させていただきます。

CPU

パソコンの処理を主に担当するパーツです。処理速度に大きくかかわってきます。

グレード

Intelの「Core i7」を選ぶことをおすすめします。それ以上の「Core i9」でもOKです。

Core i5は?という声も聞こえてきそうですが
あなたがもし「3Dモデルを使った、高グラフィックなゲームを作りたい!」と思っているなら、Core i5では少し非力かも知れません。

今は「2Dゲームしか作る予定ないよ。」と思っていても、学ぶうちに少しずつゲームが作れるようになってくると、「もっと壮大なゲームをつくってみたい!」と思うようになってくるかもしれません。

心の片隅に心配要素があると、勉強に集中できなくなる場合があります(私がそうです)。
ゆとりのあるスペックにしておくことをお勧めします。

CPUの世代

パソコンの商品サイトを見ていると、CPUの欄に「インテル® Core™ i7-11370H」のような表記を目にしたことがあるかもしれません。

この、「 11370H 」の左2桁が世代を表しています。
この例では、11世代目のCore i7という意味です。

お察しの通り、世代が新しいものほど高性能です。
できるだけ新しいものを選んだ方がよいです。

2021年12月時点では12世代が最新です。
しかし最新はきっと、とてつもなく高価でしょう。
おすすめは11世代です。
古くても10世代のCore i7を選びましょう。

AMDは?

CPUを作っている会社で有名なものに、IntelとAMDがあります。

私はIntelのCPUをお勧めしてきましたが、「AMDは?」という声が聞こえてきそうです。
もちろん、AMDをお勧めしないのには、理由があります。

それは、「AMDと相性の悪いソフトウェアが時々ある」からです。

ゲーム開発とは別の話になりますが、「AMDのRyzenを利用していると、Adobeの動画編集ソフトが落ちることがある。」という話はよく聞きます。
このような現象はゲーム開発においても無きにしもあらずです。

AMDを悪く言いたいわけじゃありません。
AMDの「Ryzenシリーズ」は、Intelと比べて安価で、素敵なCPUです。
性能も、Intelを追い抜くシーンもあると聞いています。
普通にパソコンを使ってゲームをプレイして楽しむのなら選択肢に入れてもよいでしょう。

しかし、いくらAMDのCPUが改善されているとはいえ、「動かないかもしれない。落ちるかもしれない。」という不安要素・リスクを、これからゲームプログラミングを学ぶ、あなたに背負ってほしくないのです。

たしかに、ゲーム開発者として第一線で活躍するのであれば、作成したゲームはAMDでの動作を保証するべきでしょう。でもそれは、今でなくてもよいと思います。

あなたのゲームが完成したその時に、テスト機として、AMDのCPU搭載パソコンの購入を検討しましょう。

メインメモリ

パソコンで一度に処理できる量に関わってくるパーツです。

16ギガ搭載のものを選ぶことをお勧めします。

8ギガでは足りません。32ギガでは持て余してしまいます。
「性能がいい方がよい。」と、さんざん言ってきましたが、必要のないスペックだと思います。

お金に余裕があるなら、買ってもよいと思いますが…。

GPU(グラフィックボード)

ゲームにおける、グラフィック面での処理を行ってくれるパーツ、GPU。
ゲーム開発(特に3Dのゲーム開発)では、必須です。

NVIDIAのGTX1660以上、またはRTXシリーズを選ぶことをおすすめします。

ここはシェアが高い NVIDIA製のGeForceを選ばれることをお勧めします。
おすすめは、「 GeForce RTX 3060 」「GeForce RTX 3060 Ti」「 GeForce RTX 3070 」あたりです。

正直、「 GeForce RTX 3060 」で十分だと思います。
ここら辺はお財布と相談です。
ちなみに、私が持っているPCは「 GeForce RTX 2060 super」なので、
あなたが上記のどれを選んだとしても、私のPCより性能が良いです。

「RTX 3080以上」は、あなたがゲーム実況者として高解像度の配信をしながらゲームをしたい場合くらいじゃないと、必要のないスペックだと思います。

こちらも、お金に余裕があるなら買ってもよいと思いますが…。

RTXよりも安価なGTXならば、「GeForce GTX 1660」がおすすめです。

SSD

あなたのプログラムしたゲームのデータや、ソフトウェアを保存しておくパーツです。

大いに越したことはありませんが、最低でも、500ギガ以上の容量を選びましょう。

ただ、同じ「データを保存するパーツ」に、HDD(ハードディスク)というものがあります。
これは、選んではいけません。
確かにSSDと比べて安いですが、読み込み速度、書き込み速度ともに遅く、非常にストレスを感じます

ただ、例外としてお財布に余裕がある場合に、「SSD(500ギガ以上)に加えて、HDDを取り出しに時間がかかってもよいデータの保存用として追加で選択する」というのであれば、OKだと思います。

自作?BTO?既製品?

おすすめは、BTOまたは既製品です。

自作でパソコンを組み立てる場合、パーツごとの相性によっては、パソコンが起動しなかったり、本来の性能が発揮できないというリスクがあります。

もちろん、あなたが自作パソコンを幾度となく作ってきた猛者であるならば、止めはしません。
尊敬します。すごいです。

しかしそうでないならば、すでに作ってある既製品、または、メーカーで作ってくれるBTOを選ぶことをお勧めします。

ここは、ロマンより安心を取りましょう。

テンキーは必要か?(ノートパソコン限定)

ゲーム開発用のパソコンを買う選択肢として、ノートパソコンの購入を検討される場合もあるでしょう。

そのとき、テンキーが必要か、そうでないか、悩ましい点です。

ゲーム開発を進めるにあたり、「モデリングもやりたい!」という場合には、テンキーが付いているものを選ぶことをお勧めします。

私は、ゲーム開発の際、3DオブジェクトをBlenderというモデリングソフトで自作しています。

Blenderでは、テンキーに様々なショートカットが割り振られているので、テンキーがあった方が楽です。

デスクトップパソコン or ノートパソコン

この2種類の選択は、それぞれのメリットデメリットを見比べて、どちらがあなたの開発スタイルに適しているかで選択しましょう。

デスクトップパソコン

メリット

・ノートパソコンに比べて処理速度が速く、高負荷に耐えることができ、安心感があります。

デメリット

・外出先で学習・開発したい場合には不向きです。

・モニター、キーボード、マウスを別途用意する必要があります。
その分、お金も追加でかかります。

ノートパソコン

メリット

・場所を選ばず、学習、開発がおこなえます。

・ モニター とキーボード、マウス代わりにトラックパッドが既に搭載されているので、それらを用意する手間が省けます。

デメリット

・デスクトップパソコンに比べ、非力です。
原因としては、CPUが同じ「Core i7」であったとしても、ほとんどの場合、ラップトップ用の省電力バージョンの「Core i7」が搭載されているからです。
GPUも、ほとんどの場合、 ラップトップ用の省電力設計のGPUが搭載されているでしょう。

ーーーーーーーーー

いかがでしょう。
こればっかりは、あなたがどんなゲームを作りたいのか、どんなスタイルで開発したいのかによります。
高グラフィック、高負荷なゲームを、いづれ作りたいと考えているなら、デスクトップがよいと思います。

どちらか迷っているのであれば、デスクトップを選ばれた方が安心だと思います。

その他

パソコンを自作する場合、その他パーツとして電源や、マザーボード、グリス等といったものがありますが、BTOや既製品を購入する場合には気にしなくてよいです。

特に、BTOでは、パソコン購入時に、電源やグリスのレベルを上げることができますが、それらの部品について詳しいわけではない場合は、デフォルトのままにしておきましょう。

SSD(またはHDD)以外はデフォルトの状態で購入されることをオススメします。

とらんぽのおすすめ

以上の点を踏まえて、Windowsパソコンが購入できるメーカーの中から、おすすめを紹介したいと思います。

でも、あくまでおすすめです。数値だけ見た、おすすめです。
大変高価な買い物なので、メーカーの評判や、あなたの好みのデザインか、など
よく考えてから買ってくださいね。

デスクトップ

フロンティア(BTO)FRGH570 i7-11700F/16GB/512GB NVMe SSD/RTX3060

FRGH570 i7-11700F/16GB/512GB NVMe SSD/RTX3060: デスクトップPC - BTOパソコン通販のFRONTIER
FRGH570 i7-11700F/16GB/512GB NVMe SSD/RTX3060BTOパソコンのネット通販ショップFRONTIER(フロンティア)では、激安ノート、格安デスクトップを多数ご用意しています。

ドスパラ(BTO)GALLERIA XA7C-R36T Z590搭載

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=&mc=10741&sn=4135

マウスコンピュータ(BTO)DAIVDAIV Z7

DAIV Z7
GeForce RTX 3060 搭載。イラスト、DTP、RAW現像や高画質動画編集も快適なクリエイター向けパソコン。

マウスコンピュータ(BTO)DAIV Z7-3060Ti

DAIV Z7-3060Ti
GeForce RTX 3060 Ti 搭載で高解像度の驚異的な視覚体験を実現。メモリのカスタマイズで更にパワフルなパフォーマンスを発揮。

ノートパソコン

ドスパラ(BTO)GALLERIA XL7C-R36 カスタマイズモデル

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&mc=9853&sn=3119

ドスパラ(BTO)raytrek R7-TA

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=4&mc=10667&sn=3024

ほかにもきっと色々あると思います。上記は、ほんの例です。
購入を検討される際には、今回ご紹介したポイントを参考に選んでみてください。

とらんぽが個人的に次欲しいパソコン

「2021 ASUS TUF Dash F15」です。テンキーは外付けで妥協します。

なんといっても、このシンプルなデザイン。ゲーミングPCっぽくない、落ち着いた配色もいいですよね。
そしてなにより、「米国軍事規格MIL-STD-810G」に合格した耐久性。

現在、ドスパラのガレリアというデスクトップPCを使っているのですが、あまりにもゲーミングPCっぽいので、身内からは冷ややかな目で見られています(笑)

ノートパソコンで場所を選ばず、ゲーム作りしたい!
耐久性も性能も欲しい!ゲーミングパソコンぽくないシンプルなデザインがいい!

そんな要望、全部乗せって感じの商品です。欲しい…。

さいごに

以上でおわります。

いかがだったでしょうか、これからゲームプログラミングを学び始める、あなたの役に立てれば幸いです。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました